とある絹道の回復釣師
FC2ブログ
14級レジェ自力入手方法のおさらい
----アイテム状況----(価値)

Lv105以上にする

神殿/難破船/BA

銀貨金貨/タリスマン収集/BAコインを収集

破滅/武神/神話と交換

11級セット彗星入手

失敗しまくりながら+5に高級Bあるいは+7にする

角石(核石)で失敗しつつ12級レジェにする

-----ここで12級レジェンドを入手----(150M)

ゴリー錬金で適当に+を付ける

保護石(550円)を錬金1回毎に使い+1ずつ上げる

失敗したら保護石1個消費して装備+1ダウン

成功(+1)

成功(+2)

成功(+3)

成功(+4)

成功(+5)

成功(+6)

頑張って+7にする

核石を使ってアップグレード

----ここで13級レジェを入手----(400M)

12級同様の手順を踏む

保護石を握りしめて+7を目指す

成功(+1)

成功(+2)

成功(+3)

成功(+4)

成功(+5)

成功(+6)

成功(+7)

核石で14級にアップグレード

----ここで14級レジェを入手----(1000M)

これを11or12個作成してやっと全身14レジェ

更に14級を保護石をn個使って全身+7を目指す

やっとまともにPVPが出来るラインになる


11→12の時点でアストラル使うとしたら700円(だよね?)
んで保護石7個使って12→13で3850円(4550円)
更に保護石7個使って13→14で3850円(8400円)
----
合計8400円の出費 約8500円。11箇所なら93500円
保護石7個ってのは相当少ない方。なんだろうけど
それでも10万近く取られるって絶対おかしい。
ただのゲームだぜこれ…


レアは必要アイテムが彗星に変わっただけで450円
だから消費金額はあまり変わらない。はず

今の12級の強化とか「自分の力で強化」したんじゃなくて
「金の力で強化」って感じ。だから好きになれない

PT狩りもPT狩りでアケル以降は火力の人なんか
間違いなく彗星+7↑が絶対条件だろう
鏡に行けばどう考えても13L↑が必須
130エリアなんか14L+3↑じゃないと帰れなレベル

ソロ狩りはどうなんだろう
マジックじゃ満足行く狩りは出来ないしレアは必須か
何ともいえないなあ
130にした後のPVP以外も人のお手伝いぐらいしかなくね
とすると本当に130にする価値がわからん

課金するなとは言わないけど相変わらず酷い
100CAPと比較するとどう考えても札束で殴るゲーム

この錬金以外にも色々言いたいことはあるけど
まずは錬金方法どうにかせんと人が寄ってこなそう
スポンサーサイト
12/04 07:00 | ネタ | CM:3 | TB:0
無課金でアクセ以外14級確定にした私が通りまs(ry
でも以前はゲーム内で何かしらお金稼ぐ手段あったけど、最近は職業的にも難しいし手詰まり感がががが

いっそマジック保護石50円、レア石200円にして、
マジック+10→同級レア+3
レア+10→同級レジェ+3
に変換出来るようにしたら、プレイヤーも少しは希望もてるし
現世代・旧世代のレジェももう少し安く露店に出そうだし
薄利多売で運営も儲かりそうだしwin-winだと思うのです

でも最善策はやはりドロップな気もしなくもない('ε')
高LVフィールド狩りは何の楽しみも無くなりましたw
そもそもこの錬金システムがクソ。
110キャップ時代に戻してくれ(´・ω・`)
お金かかるのは百歩譲っていいにしてもお金稼ぐ手段がないゲームだからなぁ・・。
>氷連矢さん
凄すぎて吹きました。さすがイケメソ・・・
まともな金策ができればねえ。低等級の保護石も需要低いし
そんな感じになればまだ何とかって感じでモチベが出る気がする

現状の狩りも約0.5%/hで装備無しの石エンハだけとなると喜びもクソもないし
対人でもほぼ全部微妙すぎてシルク本当どうなっちゃうんだろうか



>でみこさん
あれは個人的に達成感より浪費感を感じるからだめだw
んでやっぱそれだよね。金策が無さすぎるのが問題すぎる
地道に何かして全身レジェにしていこう!って思っても何すりゃいいの?ってなる
更に考えても強い装備or課金が前提になるから手のつけようがない
資金0の新規から考えてみると尚更お手上げっていうね

輝星石をGoldに換金出来たり集めて帰属の保護石とか装備に交換出来れば
二項もそれなりに盛り上がるはずなのにーとか思ったりするw
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://gamedoga.blog62.fc2.com/tb.php/728-a4ce1ba1
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 あるとせうす All Rights Reserved